中高層耐火構造

税制上、次のような中高層耐火構造でなければ認められない特例があります。これは迷っていては適用されませんので、この特例について見てみましよう。いずれも3大都市圏の特定市街化区域農地に関するものですが、固定資産税の軽減に関係するものです。これは、5年3月31日までに、中高層耐火建築物を建てて貸家の用に供した場合、建物に対する固定資産税が、4階建て以上のものにあっては5年間は税額が4分の1になり、その後の5年間は税額が3分の1になるというものです。また、3階建てのものについては、5年間は税額が3分の1になります。鉄筋コンクリート造りはコストは高くなりますが、良い点もいろいろあります。どんな形状の敷地にも適合させて自由に設計できるのが最大のメリットです。他にも火災に強い、地震に強い、屋根がフラットにできるので3階が建てやすいなどの長所があります。短所としては、構造だけでなく壁にも鉄筋コンクリートが使われるので、必然的に増改築が困難です。断熱が完全でないと冬は寒気が入り、夏は熱気が抜けにくいこと、構造材以外は他の住宅と同じ材料を使用するのでコストが高くつくこと、冬に結露しやすい、などの短所があります。

伊丹市内の賃貸物件はここからどうぞ伊丹市は兵庫県で大阪府に近い地域であることから、ベッドタウンとして使われている地域です。市内にはいくつもの鉄道や交通網が発達していることから、他の地域へとアクセスしやすい環境が充実しています。また交通の便は空にも便利なものがあり、空の玄関口である伊丹空港が存在することから飛行機も利用することが可能です。通勤通学の時のみならず旅行の際でも移動に便利な環境ですので、ベッドタウンとしても利用できるのではないのでしょうか。そんなそんな伊丹市の賃貸物件はアパート・マンションの他にも、ファミリーで暮らせる一戸建て物件などもございますので、商業施設の多い市街地は子育てをする土地としてもお選びください。詳しい情報はこちらからどうぞ。